はにゅう市民ネットとは

埼玉県羽生市で、一人ひとりが生き生きと暮らせる社会を作るため

普通の市民が集まって活動する地域政党です。


女性が1人で政治に参加、というとハードルが高いですが、

それぞれが意見を持ち寄って、

得意なこと(例えば会計、事務、託児、etc.)を

分担しながらまちづくりを考えています。

そして、市民の代理として市議会で発言する

「代理人」を送り出します。


こうした市民ネットワークの仕組みは全国に広がっていて、

埼玉県でも越谷市、吉川市、所沢市、鶴ヶ島市で

市民ネットの女性議員が活躍しています。

長い目で見て企業誘致や区画整理も必要ですが、

子どもたちの毎日の給食や

気軽に集まれる居場所作り、

市民の移動手段の確保、

安心して遊べる公園など、

まずは身近なことをしっかり考え、

「みんなが主役のまちづくり」を

第一にやっていきます。

市民ネット3つのルール

1、議員は最長3期(12年)で交代

代理人(議員)にはだれでもなれますが、最長3期まで。

これは議員を職業化、特権化しないためです。

2、議員報酬はみんなの活動費

議員報酬は市民の政治活動のために有効に活用します。

お金の流れはすべて公開します。

3、 選挙はカンパとボランティア

全員ひとりひとりの力(知恵、時間、労力、賃金)を

活かし大勢による参加型の選挙活動を行っています。